ケガに関する慰謝料

交通事故でケガをした場合、請求できる慰謝料としてはいくつかの種類があります。まずは、治療関係費です。治療関係費とは病院や治療院(整骨院や鍼灸院なども含む)に支払った相当な実費額です。ケガをした人に付き添った場合は入院付添費の実費も対象になります。これは付添人の休業補償額を相当として認められます。入院にあたってかかる実費や交通費についても認められますが、個室代や病院への謝礼などは認められない場合がありますので注意が必要です。

通院交通事故での通院についても慰謝料を請求できます。これも入院と同じように請求でき、入院した後に通院をするような場合なら、両方の支給を受けられることになります。しかしながら、過剰診療と判断された場合は打ち切られることもあります。判断の仕方によっては保険会社で違いがあることもありますので弁護士に相談したほうがよいです。

ほかにも、被害者がケガをしたことによって働けなくなったときの休業損害も請求できます。加えて、後遺症が残ってしまった場合、後遺障害慰謝料も請求できます。このようにケガをして支払われる慰謝料や損害賠償は多岐にわたりますので、書類の作成を含めて弁護士に依頼したほうが確実です。