交通事故の慰謝料とは

交通事故の慰謝料は主に三種類あります。被害にあって入院したり通院したりする「入通院慰謝料」、後遺障害が残った時に請求できる「後遺障害慰謝料」そして、交通事故で死亡したときに遺族が請求することが出来る「死亡慰謝料」です。

加害者に対して請求できるお金をすべて慰謝料というわけではありません。たとえば、仕事を休んだことに関する休業損害や、治療にかかった費用、入院にかかった雑費や車の修理にかかった費用などは損害賠償請求と言って厳密には別に考えられています。

交通事故交通事故の慰謝料とは、ざっくりというと被害者の精神的かつ肉体的な苦痛を金銭に換算したものです。しかし、精神的な苦痛を数値化するのは難しい部分があります。そのような精神的苦痛の数値化としては「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」という3つの基準があり、弁護士基準が一番高くなります。弁護士基準は、裁判で提示される金額だからです。

自賠責保険基準は一番低い基準となるので、自分の精神的な損害から比べたら少ないと思う人も多いでしょう。そのため、交通事故の慰謝料を高く適正にもらうというのであれば、やはり交通事故問題に強い弁護士にお願いするのが良いです。

交通事故問題に強い弁護士にお願いすることは、慰謝料の増額という観点だけではなく、事態をスムーズに終結させたり加害者と被害者の揉め事をなるべく小さくするといった効果もありますので、おすすめできます。