死亡に関する慰謝料

交通事故の慰謝料は、死亡したときやけがをしたとき、後遺症が残った時などにもらえます。交通事故で死亡した場合の慰謝料は二つに分かれており、本人に対する慰謝料と遺族に対する慰謝料に分かれています

慰謝料死亡した本人に対する慰謝料というのは死亡した本人に精神的苦痛があっただろうとして発生しますが、本人が死亡しているため相続人が本人に代わって支払います。残された遺族への慰謝料は、父母や配偶者、子どもなど近親者の精神的苦痛に対して支払われるものであり、法律上も認められています。

交通事故で死亡した場合の慰謝料としては、法律で定められているものに関してはさほど高くはありません。乗用車でも800万円程度、二輪車などでしたらわずか400万円程度しかありません。この慰謝料に上乗せする形で生前に享受するはずであった利益に対して損害賠償という形で支払われることになります。

交通事故の慰謝料については、自賠責保険基準と任意保険基準、裁判所基準の3つの基準がありますが裁判所基準が一番高い金額となります。交通事故で死亡した場合の慰謝料やそれに加える損害賠償としては、いろいろな要素を加味しなければなりませんので弁護士に相談するのが良いです。