慰謝料請求の手順

交通事故の慰謝料請求の時期は、完治もしくは症状がある程度固定した後に請求を始めます。治療中に慰謝料の額を決めてしまった場合、思ったよりも長く通院しなければならない場合など支障をきたすからです。相手から示談を求められる場合もありますが、治療を継続したい旨を伝えましょう。

事故
出典 『交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

ある程度症状が固まってから、慰謝料と損害金の請求を始めます。このような場合、保険会社独自の示談の基準ですと、裁判でもらえるという裁判所基準よりは低くなるのが一般的です。軽微なケガであればよいのですが、安易に示談してしまったためにもらうべき金額をもらえないこともあります。

交渉を開始する前に、保険会社の提示額および示談金の内訳を確認します。損害金をすべて認められているかが重要なところですが、損害金と慰謝料を混同すると話がややこしくなります。そのため、しっかりと慰謝料ならびに損害金を請求しようと思うのでしたら弁護士に依頼したほうが確実です。

まずは、無料相談などで弁護士に話を聞くようにしましょう。アポイントメントをあらかじめとれば、どのような書類が必要かまずわかります。特に任意保険の弁護士特約を付けている人は、そのような特約を利用すると確実です。